悲しみごとマナー

弔問(法要)に関して

法要とは故人の冥福を祈り、命日などに縁故者が集まり、僧の読経とともにご供養することです。
心からご家族を慰め、故人を偲ぶと言う気持ちで伺いましょう。

『お招き頂き恐れいります。皆様とご一緒にご供養させていただきたいと思います』
など挨拶をしてお供えを持参する。
昨今では現金がほとんどで目安は、香典の半額程度と思えば失礼はないでしょう。

仏式
『四十九日の法要』
  仏式では一番大切な法要です。
  四十九日は死者が冥途で最後の審判を受ける日とされているからです。
  また納骨をこの日に営むことが多いことからも大切な日とされています。
  よく言われている忌明けの法要がこれです。
  百ヶ日忌は100日目、一周忌は翌年の祥月命日(亡くなった月の命日)
  その翌年は三回忌(亡くなった年を1年と数えます)
  後、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、33回忌の法要が一般的です。

神式
『五十日祭』
  神式での忌明けを意味する日です。
  この後、適当な日に先祖の霊を祭ってある場所に故人の霊璽を移して
  祭ることを合祀祭といいます。
  百日祭、1年祭、3年祭、5年祭、10年祭のあとは、10年毎、50年祭があります。

キリスト教
新教(プロテスタント)
  期日を決めないようですが、死後一週間から10日目か、
  一ヶ月の昇天記念日(仏式で言うところの祥月命日)に記念式を行う。
  その後、1年目、3年目、5年目などに追悼の会を行うのが一般的なようです。

新教(カトリック)
  11月初め頃、万聖節(仏式でいうお盆のような習慣)があります。

弔問(焼香)に関して

3回、いや2回でいいなど、よくいわれております。
焼香は抹香と線香があり、一般的には葬儀や告別式に抹香、その他は線香を炊きます。
線香では1本と覚えておきましょう。
ロウソクから火をもらうわけですが、火がついたら左手で線香を持ち右手で払い、
火を消しましょう。
※息を吹きかけて消すのはマナー違反です。

抹香のケースでよく言われるのが、その回数です。
宗派によって1回から3回と様々です。
同じ宗派でお分かりの際は、普段なさっている時と同じ様にどうぞ。
宗派が分からないときは、大勢参列者がいらっしゃったり、
式として流れのことも考え、2回が適当かと思われます。

順番がきたら列から出て、親族、僧侶に一礼して焼香します。
2度目はメリハリをきかせて、ゆっくり丁寧にすると重厚な感じがします。

大きく一礼(合唱した手を下ろし)そして数歩下がって、親族、僧侶に一礼して下がります。
故人、親族にはこのお別れの挨拶で全ての思いを表現するわけですから、
お辞儀などは丁寧にするよう心がけるといいと思います。

弔問(香典)に関して

ご霊前にお供えする現金を香典と言う様になりましたが、
下記の点を心得ておきましょう。

通夜か告別式に参列する際、受付に差し出す。
必ず言葉を添えてください。

『このたびはまことにご愁傷さまで・・・・』


表書き
  仏式:『ご霊前』『御香典』
  神式:『御玉串料』『御榊料』
  キリスト教:『御花料』
  旧教(カトリック):『御御ミサ料』

不祝儀の目安
  金額の程度は土地柄、親しさなどからも一概に言うことはできませんが、
  参考程度にご覧下さい。

  □ 配偶者やご両親・・・・・2〜3万円位
  □ お子様、もしくはご年配(祖父母)・・・・・1〜2万円位
    (4万円は避けますが、近頃では2万円はほとんど気にしなくなりました)
  □ 隣組では1,000円をまとめたりすることもありますが、
     親しい間柄では5,000円位のようです。

不祝儀袋のマナー
  仏式では、水引き、黒が右、白が左になっております。
  水引きより中央上部に『ご霊前』、下部に名前(姓名まで正しく)、
  遺族とあまりお会いしていないケースでは住所を書き添えておきましょう。
(先方の整理の手間を少なくして差し上げる気持ちも大切です。)

  以前は悲しみを表し薄墨で書いたりしましたが、
  最近ではあまり気にしなくなっている様です。
  神式、キリスト教も書き方は同じです。
  中央、上部が約束事で決められていますのでくれぐれもご注意を。

お通夜に関して

通夜は故人を偲び、故人の家族や親族が故人を鳥獣から守るために、
夜通し火をたき続けたことが始まりと言われています。
ということで、ごくごく親しい人たちが故人の冥福を祈るのが本来の姿です。

一口メモ・・・通夜の心得
  『通夜ぶるまい』はすすめられたら、もてなしを受けるのがマナーです。
  飲み物や、食べ物に軽く手をつけ、静かに故人を偲んで語り合いましょう。
  長居は失礼です。

仏式
  読経、焼香(喪主、親族、友人の順)。
  一人ひとり祭壇の前に進んで、焼香する場合と、
  自分の席で回し香炉で焼香するケースとあります。

神式
  通夜祭、還霊祭(祝詞をあげて、霊写しの式を行う)の後行われます。
  神官の拝礼、神饌をお供えし、祭詩、玉串奉奠、
  (神官、喪主、遺族、友人の順)で進行します。

キリスト教、新教(プロテスタント)
  前夜祭です。賛美歌、聖書、祈り、賛美歌、牧師の話、故人を偲ぶ、
  賛美歌の順で進行します。

旧教(カトリック)
  祈り、聖歌、神父の説教ののち、故人を偲ぶ思い出を語ります。

葬儀と告別式に関して

遺族や近親者だけで葬儀を行った後、告別式にそのまま移ることが多いようです。
心得としては、大まかな流れを知っておいて、係員の指示に従うようにします。

仏式
  式次第は宗派によって異なりますが、一般的に参列者着席、開式挨拶、僧の入場、
  読経、弔辞、弔電紹介、焼香(喪主、遺族、親族、友人など順々に)
  これに続く形で一般会葬者の焼香、僧侶退場、閉式の挨拶となり、
  この後お別れ、親族の挨拶、出棺となります。

神式
  神葬祭、葬場祭ともいいます。
  手水の儀(ほとんど略される)参列者着席、開式の言葉、修祓(しゅうばつ)、
  献饌、奉幣、祭詞奉上、弔辞、弔電紹介、玉串奉奠、あとに一般会葬者の
  玉串奉奠(奉奠のあと二拝二拍手;音を立てずにてを打つこと、
  そして一拝でさがる。)、閉式の挨拶と進行します。

キリスト教、新教(プロテスタント)
  葬儀と告別式を分けることなく行います。
  参列者着席、前奏、棺と遺族の入場、祈り、賛美歌、式辞、祈祷、賛美歌、
  弔辞、弔電紹介、後奏、遺族挨拶、後会葬者の献花(献花台に祭壇列に茎を
  向けるように置く。軽く一歩下がって一礼)と進行します。

旧教(カトリック)
  司祭がとり行います。
  流れはプロテスタントとほぼ同じです。

株式会社 楽 膳
東京都小平市天神町1-4-3

0120-37-3787
FAX.042-347-0112

────────────
冠婚葬祭の料理
各種お弁当
パーティー料理
────────────

 
0
2
4
5
5
3